×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Category

胃痛の対処法について


胃痛の対処法では、胃痛には制酸薬やH2ブロッカー胃腸薬など、胃酸の分泌を抑える薬を使用する。

胃痛を抑えるには、胃酸の過剰な分泌を抑えることがポイントになります。市販の薬で胃酸の分泌をおさえる種類に2種類あります。

制酸薬 胃酸を中和する働きがあります。効果はそれほど強くないですがそのかわりに副作用もほとんどありません。

H2ブロッカー胃腸薬 H2ブロッカー胃腸薬や、胃酸を分泌する命令系統をさまたげて、胃酸が分泌されるのを強力に抑える薬です。H2ブロッカー胃腸薬は、効き目が強いので、副作用にも注意が必要になります。

使うときは薬剤師の方と相談をよくしてください。

H2ブロッカー胃腸薬を使っても、胃痛の症状が抑えられない、またはいったん収まってもまた繰り返す場合、医療機関になります。

医療機関での治療も、H2ブロッカーが中心になりますが症状によって強力な薬を使う場合もあります。

胃痛を防ぐにはストレス対策や禁煙に加えて、肉類や香辛料を控えることも大切になります。普段から気分転換を図って、ストレスをためないようにしましょう。



胃痛がおきる原因


胃痛は、胃の悩みを持つ人のなかでももっとも多い症状です。

機能性胃腸症の胃痛 胃に病変がないのに、潰瘍のような胃痛がおこる潰瘍症状型

一般に、脂っこいものを食べ過ぎたり、みぞおちが痛むときは、胆石やすい臓の病気を疑い、空腹時や寝ているときにみぞおちが痛む場合は胃潰瘍や十二指腸潰瘍を疑います。

胃痛があるのに、病変が見つからないものを機能性胃腸症の潰瘍病状型というそうです。

潰瘍病状型が起こる原因として、過剰な胃酸の分泌が挙げられます。食事中に胃酸が多量にでてもたいして問題になりませんが、空腹時に胃酸が多量に分泌されると、胃の粘膜は、直接胃酸にさらされてしまいます。

そして胃痛が発生してきます。過剰な胃酸分泌の引き金になるのがストレスです。

強いストレスを受けてしまうと、ストレスに抵抗する副腎皮質ホルモンが分泌されます。そしてその影響で、空腹であっても胃酸の分泌が促されてしまいます。ストレスが自律神経にも影響して、胃の粘膜が弱くなります。

空腹で胃の粘膜が弱っているところに、胃酸が分泌しますから、胃の粘膜には強い刺激が加わります。そのために、胃痛を起こしやすくなります。潰瘍病状型も胃潰瘍と同じように、空腹時や寝ているときに胃痛をおこします。